フラット35の制度変更があります

4月からフラット35の制度変更が行われる予定です。
(平成24年度政府予算成立が前提となります)

変更内容としては、以下の2点となります。

①融資額について、建設費の90%が上限に引下げ(現在は100%)


②フラット35Sベーシックの金利引下げ期間の短縮
 Aタイプ 当初10年間(現在は20年引下げ)
 Bタイプ 当初5年間(現在は10年引下げ)

新しい制度が適用されるのは、4月1日以降申込み分です。

ちなみに、Sエコを申込される方についても6年目以降の引下げ期間が短縮されます。
現在、住宅を検討されている方はお早めに融資申込できるよう、準備を進めたほうが良いでしょう。

詳しくは、住宅金融機構のホームページをご覧ください。
http://www.flat35.com/topics/topics_20120113.html

堀口 拝

年頭所感

あけましておめでとうございます。

仕事始めは5日でしたが、本格的な業務は今日から実質スタートです。

私の今年のテーマは「対心一処」です。
安岡正篤先生の言葉から引用させて頂きました。

これまで以上に仕事に打込み、みなさまのお役に立てるよう精進する所存です。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

最後に皆様のご健勝を祈念して、今年初めのご挨拶とさせて頂きます。

堀口 拝

以下メルマガ「安岡正篤 一日一言」からの引用です。


【対心一処】

「心に一処に対すれば、事として通ぜざるなし」
(「対心一処無事不通」)

名言です。
「心に一処に対す」ということが勘どころです。

我々は、今のように自己と仕事というものが
分裂していては駄目なのです。

自己というものを本当に仕事に打ち込んでいく、
そうすると、自分の対象である仕事は、
自己と一つになることによって精神化される、
すなわち対象に魂を入れる──これが「対心一処」であります。

『安岡正篤 一日一言』より(致知出版社刊)⇒ http://tinyurl.com/26a7ux3

-----------------------------------------------------引用ここまで